スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.09.30 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

和田一夫さん インタビュー記事1(ビジネスバンクインターン6期生 日本大学2年 坂香澄 and井坂陽) 9月19日(全4回)

● 生い立ちについて教えてください

実は僕は月足らずで生まれてきた未熟児でした。小さなころはとても身体が弱かったので、父も母もとても心配してくれ、冬には体が冷えないように湯たんぽを3つも4つも用意してくれたそうです。だから、今思うと82歳まで生きられるとは思ってもみませんでした。

   ● 小さなときはどんな子だったのですか?

両親に過保護に育てられたこともあり、幼いころはすごく弱虫で、喧嘩をしてもすぐに泣かされて帰ってくるような子でしたね。

    ●そうなんですか、勉強ではいかがでしたか?

僕は勉強もあまりできない子でした。そんな僕に母は熱心に教育をしてくれました。

学校の成績は当時『甲・乙・丙』だったのですが、僕は丙ばかりだった。特に体操・音楽など実技はみんなダメでした。

逆に甲をもらえたのは算数ぐらいで、母の熱心な教育のおかげで、4〜5年生では、グンと成績が伸びました。父と母はヤオハンという八百屋を経営していたので、僕を商業高校に進学させたいと思っていました。算数を熱心に学ばせられたのも、簿記に強くなって欲しいとの願いがあったからだと思います。その親の意向通り、僕は商業高校に進学することになりました。

   ● 高校生活はどんなものでしたか?

僕が16歳の時はまだ、太平洋戦争が続いていました。勤労動員に行かねばならず、横浜の三菱造船所で働いていました。だから、今の人たちは本当に恵まれているとうらやましく思ってしまいます(笑)

   ● では、和田様に比べたら幸せすぎるくらいの現代の学生たちに『絶対これだけはやっておいてほしい!』と思うことを教えてください。

一つでいいから、どんなに小さくてもいいから、本当に自分がやりたいことを見つけてください。ちなみに僕のやりたいことは『日本一の八百屋になること』でした。

 ●   大学時代のお話もお聞かせください。

僕は三島にあった三島予科に行きました。学生団体に所属していて、当時共産主義にすごく魅力を感じていました。そこでの活動で、僕は退校処分になってしまったんです。しかし、母が予科長のところへ説得しに行ってくれたおかげで、何とか退校を免れることができたという経緯があります。一言でいえば、問題児だったんですね(笑)。

それともう一つ、僕の人生に大きな衝撃を与える出来事が起こりました。それは、僕の家が、火事にあったんです。その時僕は、母から頼まれていた火災保険に入るのをすっかり忘れており、200万円の保険金をもらうことができず、大失敗をしました。これは人生最初の大失敗でした。

 

和田総研(株)

http://www.wadakazuo.com


スポンサーサイト

  • 2011.09.30 Friday
  • -
  • 13:55
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

国際経営コンサルタント
和田一夫レポート

profilephoto
和田一夫(わだ・かずお)
1929年神奈川県生まれ
日本大学経済学部卒。

42歳で日本初となるスーパーマーケットの海外進出を果たし、54歳で年商1,000億円を突破する企業を創った。最高売上5,000億円、世界16カ国450店舗展開を達成ヤオハングループ。68歳の時に上海栄誉市民賞を受賞する。
【現職】
中華人民共和国上海市栄誉市民
国際経営コンサルタント
前八佰伴国際集団 総裁
株式会社ハウインターナショナル 取締役会長
上海国際経営塾 塾長
福岡大学経済学部 非常勤講師

和田一夫Facebook公式サイト「和田一夫」で検索

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM